適食情報タイトル 適食情報TOPへ
コラム

■「近ごろ気になること」を書きとめました

「食生活」や「健康・医療」に関して、「近ごろ気になったこと」を書きとめました。「健康情報」ページとは異なり、執筆者(最下段に示す)の意見が反映されています。
ベストセラー『食品の裏側』の裏側
●食品添加物は、それを食べる人の健康を害するか否か

 「みんな大好きな食品添加物」というサブタイトルが付いた書籍が昨年の11月に発売された(『食品の裏側』阿部司著・東洋経済新聞社発行・税込み価格1470円)。内容が科学性に欠けるので、社会に大きな影響は与えないであろうという私の予測を覆して、ベストセラーになっているらしい。今回は、この本の中身を検証してみた。

 この本の宣伝コピーに「安さ、便利さの代わりに、私たちは何を失っているのか」とある。いかにも「食品添加物のメリットを享受すると“健康”を害する」ということを推測させる文章だが、この本にその答えは書かれていない。私がこの本にもっとも期待(?)したことは「食品添加物は、それを食べる人の健康を害するか否か」という点である。

 しかし、この本には、このことに関する科学的な記述はほとんどといってもいいくらい見あたらない。よく探してみると、次のような記述が見つかった。
−−添加物の問題というと、多くの人がまず最初に思い浮かべるのが「毒性」でしょう。だれもが「添加物は体に悪い」「体に毒だ」という意識を持っている。(181p) 読んでわかるように、これは毒性に関する科学的な記述ではない。多くの人の感想である。

 また、次のような記述もある。
−−添加物の毒性や使い方を研究している学者はたくさんいます。(47p) これも、研究者がたくさんいるという記述であって、添加物が健康に悪影響を与えるという記述ではない。

●添加物の恐ろしさは毒性よりも食卓を崩壊させること(?)

 著者の阿部氏自身は毒性の研究者ではないので、自ら「添加物の毒性」を証明する必要はない。しかし、このような本を著すからには、科学的な多くの研究を分析するなどして、「このような研究から、自分は、添加物はそれを食べる人の健康を害する(あるいは逆に、害しない)と判断する」という主張を明確にしておかなければならないだろう。それをせずに、いくら「現場では添加物がこんなにたくさん使われている」と書いても説得力はない。

 この本の中に「添加物は毒だ」と明言している箇所がないわけではない。しかし皮肉にも、それは、次のように、添加物の毒性を否定している文脈の中で使われている。
−−そうした現状がある以上、目くじらを立てて「添加物は毒だ、排斥せよ、ゼロにせよ」と騒いでもなんの問題解決にもならないのです。それに、「添加物=毒性」という単純な図式しか頭にないと、計り知れない大きな問題を見逃すことになるのです。(5p)

 また、興味深いことに、次のような記述も見つかる。
−−その「影」の部分−それは食品添加物の人体への害悪・毒性であったり、それ以上に恐ろしい問題として、添加物が食卓を崩壊させるといったこともあります。(33p) わかりにくい文章だが、著者は、添加物はの恐ろしさは、毒性よりも食卓を崩壊させることにあるといっているのだ。

 このように、冷静に読み解くと、著者は「添加物は必ずしも悪いものではない」ととらえているかのようにも見える。しかし、異なるページでは、これらの記述とはなんの脈絡もなしに、突然、次のような乱暴な文章が登場する。
−−そう思って買っているのに、その実、「有害」な添加物を何種類もせっせと摂取しているのです。(72p) ここでは、添加物がいきなり「有害」なものとして登場する。

 別のページではこういう記述もある。
−−何も考えずに買い、何も考えずに口にする。それは、こんなにも恐ろしいことなのです。(145p) ちなみに、この前後に「こんなにも」の中身を解説する記述は見つからない。

 つまり筆者は、添加物の毒性(安全性)に関しては、科学的な評価を下していない。にもかかわらず、「毒性」「有害」「怖い」などのことばを巧みに用いて、添加物は危険なものであるという印象を、読者に強く与えている。文筆家としてかなりのテクニシャンである。

 百歩譲ると、じつは「まったく評価を下していない」わけでもない。次のような記述が数カ所に登場する。
−−つまり、認可されているすべての添加物の安全性が完全に確認されているとは、とてもではないが言えないのが現状です。(182p)
−−国が認可しているからといって、絶対に安全だとは必ずしも言い切れないのが、食品添加物なのです。(183p)
 ここで注意したいのは「完全に確認」「絶対に安全」という表現。厚生労働省も食品企業も研究者も、食品添加物の安全性が「完全に」確認されたとは一言も言っていないし、食品添加物が「絶対に」安全とも言ってない。

 もっとはっきり言うと、私たちが口にしている食品で「安全性が完全に確認されたもの」は存在しないし、「絶対に安全であると証明されたもの」も存在しない。食品添加物に限らず、一般の食材であっても、「完全に」あるいは「絶対に」ということばを用いれば、安全であることを証明できないのだ。挑発的な例で申し訳ないが、有機野菜の安全性が「完全に確認」できることはないし、著者が現在生産している(と書かれている)『最進の塩』なるものが「絶対に安全」であることは証明できていないはずである。

●悪意があるとしか思えない「不正確な表現」の数々

 『食品の裏側』でもっとも迫力があるのが、現場における添加物使用の実態だ。現場をよく知る著者でなければ書けない実態が明らかにされている。しかし、その表現方法に大きな問題がある。いずれの場合も、添加物の使用量が明らかにされていないことである。というよりも、意識的に(であろうが)、きわめて誇張して表現してある。

 例えば「バンバン投入」(27p)、「大量に使用」(38p)、「じゃぶじゃぶ投入」(41p)、「白い粉をドサドサ投げ込んで」(48p)など、書き出せばきりがない。これを読むと、食品企業が、何も考えずに大量の添加物を使い放題に使っているように見える。

 現在、日本の法律では、食品添加物は「質」と「量」の両面から厳しく規制されている。質の規制とは、言うまでもなく、使用していい添加物が法律で定められていること。それ以外の添加物は使うことができない。

 量の規制としては、添加物それぞれについて使用してもいい濃度が定められていること。食品企業は、これを定めた法律(食品衛生法JAS法など)に違反せぬように、厳密に添加物を取り扱っている(はずである)。法律を無視して、「大量に」「じゃぶじゃぶ」添加物を使っている食品企業はないはずだし、仮にあるとすれば、近い将来にまちがいなく倒産するだろう。

 著者が取り引きをしていた食品会社だけが、法律を無視して営業していたのだろうか? あるいは、法律に則して添加物を使っている現場の状況を、著者は意識的に「バンバン」「じゃぶじゃぶ」「ドサドサ」と表現したのだろうか? 恐らく後者であろうが、この手法は、ものを書く人間として誠実とはとても思えないし、フェアな態度でもない。

 もう1点、量に関することで気になる記述がある。「多種」と「多量」の混同だ。明太子の原料と添加物という一覧表があり(57p)、一般の明太子には22種類の原材料と添加物が紹介されてある。これに対して無添加明太子のほうは9種類。そして一般の明太子の説明として「表を見ればおわかりかと思いますが、唖然とするほどの量です」と書いてある。

 添加物の量の規制は「いろいろな添加物を使用してもトータルでヒトの健康に害のない量」を、個々の添加物に当てはめて決めてある。もし、一覧表の全種類の添加物を使った明太子が、仮にあったとしても、総量で規制を超えてはいないはずだ。逆に、たった1種類の添加物しか使っていなくても、規制値をオーバーして使ってある明太子があったとしたら、それは「健康を害する可能性がある」ことになる。

 ここで紹介されている明太子には、「多種」の添加物は使われてはいても「多量」の添加物は使われてはいない(はずだ)。このことを知ってか知らずか、著者は「多種」を「多量」と巧みに言い換えて、危険性をあおっている。高橋久仁子氏のいうフードファディズムの典型である。

 また、この本には「私は、たとえ自分で作った物でも、添加物をこんなに使った食品は自分では食べられない」という人が、多数登場する。世の中にそういう人間がいることは否定しないが、私が今までに取材した食品製造に関わる人たちの中には、ほとんどといっていいくらいいなかった。逆に、私が接した食品関係者たちは、自分の仕事に誇りを持ち、自信を持っているケースがほとんどであった。

 私の取材が甘かったのか、それとも、著者の周囲にはそういう人間が集まっていたのだろうか・・・。

●著者が本当にいいたいことは「子どもの食育」だったのか・・・

 非科学的な記述や誇張表現の多い本だが、著者がもっともいいたかったことは何だったのであろうか。わかりにくいのではあるが、何度か読むうちに「これが私の持論です」「なにより問題にしたいのは」「それが一番怖いのです」という記述があることに気がついた。こう書いてあるからには、これが阿部氏がもっとも言いたかったことなのかもしれない・・・・そう思って読み返してみると、それは次のように、いずれも「子どもの食育」に関する内容なのである。3カ所も出てくるので、偶然ではなかろう。
−−「たんぱく加水分解物」は天然の味ではない−これが私の持論です。(166p) ここでは安全性のことには触れられていない。続いて、子どもがこの味(たんぱく加水分解物の味)を覚えたら、お母さんのつくる料理をおいしいとは思わなくなる。著者は、それが怖いといっている。この指摘に関しては正当だと思うし、私も同感である。
−−そしてなにより問題にしたいのは、最後の章で述べますが、子どもたちの舌が壊れる以上に、子どもたちが食事をいとも簡単に出来上がるものと思ってしまうことです。味覚が壊れることも怖い、毒性の問題があることも怖い。しかし、それ以上に化学的につくられた食事によって食卓が壊れていく。それが一番怖いのです。(168p) 著者は、ここでも毒性の問題よりも食卓が壊れることのほうが怖いといっている。私は、このことにも異論がない。
−−安易に加工食品に頼ってしまうことの危険性は、味覚の問題だけではありません。加工食品は子どもに、「食とはこんなに簡単に手に入るものだ」と思わせてしまう。それを教えてしまう。それが一番怖いのです。(207p) ここでも同様の主張を展開している。この問題になると、著者のことばは明確になり、かつ一貫している。

 そうなのだ。つまりこの本は「食育」の本なのである。食育に関する記述部分では、私も著者に大いに共感する。ただ、食育の本としては、「非科学的な添加物に関する情報」に多くのページを割いてあることが惜しまれる(もちろん皮肉デス)。

●消費者のことにまったく考えが及ばない企業人は失格!

 さて、『適食情報』のコラムとしては異例の長さになってしまったので、辟易してしまった方は、この先は読まなくてもいいのだが・・・・。著者である阿部司氏とはどういう人なのかを(この本を読んだだけという限定された条件で)推測してみたい。

 阿部氏は大学を卒業後、食品添加物専門の商社に入社し、添加物を駆使してさまざまな加工食品を開発することによって、添加物の売り上げを伸ばしていく。素晴らしい能力を持ち、努力の跡もうかがえる。私が気になったのは、同氏がその会社を辞めることになったきっかけである。

 ある日突然、著者の子どもが、著者が開発したミートボールを食べようとする。それに気がついた著者は、食べるのを止めさせる。ここで初めて、自分がひどい仕事をしていることに気がつく。そして、翌日会社を辞める。(46p)

 私は食品会社に勤める人をたくさん知っているが、自分の子どもに食べさせられないような食品を作っている人は1人もいない。おいしく、安全で、健康にいいものを、少しでも安く提供しようと努力している人がほとんどである。もちろん、利潤は上げなければいけないし、キレイゴトばかりいってはいられないという事情も抱えている。しかし、自分の子どもに食べさせられないような物を作っている人には出会ったことがない。

 自分の子どもだけではない。彼ら(彼女ら)は、つねに消費者のことを考え、売る側も買う側も、両者にとって利益のある商品作りを必死で開発・生産している。ときには、自分の意に沿わない製品を作らなければならないこともあるだろうし、経営者の命令で法律ギリギリの商品開発をすることもあるだろう(と推察する)。しかし、そんな状況でも「消費者のことをまったく考慮しない」ことなど、あり得ないはずだ。

 これは食品企業に限らない。企業人としての最低限の倫理である。また、経営的にも、消費者の利益をまったく考慮しない企業に未来はない。しかし、この本の著者は、自分の子どもが自社開発の食品を口にしようとするその瞬間まで、消費者のことを考えたこともなかったというのである。論外である。ひとさまの口に入るものを作る仕事に就く資格はない、といわざるを得ない。

 また、著者は、その翌日に会社を辞めている。どんな事情があれ(懲戒解雇以外は)翌日に会社を辞められては困る。翌日に辞表を提出し、経営者と話し合いの上で、できる限り早くに退社するというのが、社会人としての最低限のルールだ。それもできないような人間のいうことなど信用できない(少なくとも私は信用しない)。

 「あれは表現上のアヤで、実際は翌日に辞めたわけではない。ものごとをわかりやすくするために、オーバーに記述した」のであろうか。私はこの可能性が高いと推察する(翌日に辞めるのはあまりにも無責任だ)。だとすると、この本は、その点で一貫している。つまり「伝えたいことをはっきりさせるために、事実を記述するのではなく、オーバーに表現してある本」であることを承知の上で読まなければならない本なのである。
     ★
 食育に関する記述、添加物の意外な使われ方、購入時によく観察することによってその加工食品の中身が推察できること、美しい食品には添加物が多く使われていること、「添加物とは台所に見られないもの」という見事な指摘など、この本から、学ぶことは少なくなかった。しかし、もっとも肝心な「添加物と健康」に関する記述が、あまりにも非科学的であり、評価できない。ばかりか、正しくない情報を伝達することによって、むしろ有害になる可能性がきわめて高い。

 著者には、科学的な情報に基づいた次の著作を期待したい。

(平成18年8月12日 佐藤達夫)